2013年01月30日

育ちの環境が大いに違うと絵画教室でも違う

また、西洋においても古代ギリシアの壷絵は、これも絵画に近いものである。覚えてほしいのは、油絵の場合、タッチ、色、形、だけでなく油絵具の量も大切だということです。絵の具の有害性のことなどを、指導者は正確に把握すべきです。表現とは人の内面に深く根ざすものであり、幼い頃からの育ちの環境が大いに影響するものといわれています。専門家した陶工たちは世界最初期の諸都市での拡大する需要に応えられるようになったのである。


地中海沿岸では、古代ギリシアの暗黒時代(紀元前1100-800年)ではアンフォラやその他の陶芸品の装飾に四角、丸、線といった幾何学文様が用いられていた。それと同じくして、美術界を賑わしているアンリ・ルソーを代表と見る、一見稚拙で素人絵のような素朴派も出ています。歴史時代に入ると、墳墓や建物の壁面が絵で飾られるようになった。複雑な形をした品目の大量生産に向くこの技法の大きな利点の1つは、ティーカップを取っ手も含め1つのプロセスで生産できることであり、取っ手を取り付ける工程が省けるのみならずより丈夫なものが作れる]。芸術の手段としての継続的な歴史はルネサンス期から始まる。


そんな自分の気持ちを大事にしながら、アトリエで沢山の仲間たちの感じ方に触れ、新しい自分を見つけていきましょう。 画材の使い方がわかよ。水性の絵具と油性の絵具がある。薄手の用紙だと反り返ってしまい描きにくい場合には、300グラム程度の厚さの紙を用いるとよい。画材の消費を抑える一番の方法は、制作目的に合う方法で画材を使用し無駄な画材を使用しないことです。


加えて、絵画が立体であるという事実を蹂躙しているという批判もある。低温焼成では、胎土中の粗い粉末同士が接点で溶け合う焼結という変化が起こる。
「物の形をどのように認識しとらえてゆくか?」と言うような事を先入観の少ない子供達は驚くほどのスピードで吸収していきます。
画材の使い方から丁寧にご指導しますので、お気軽にいらしてください。アトリエ・ミオスでは隔年で『生徒作品展』を開催しています。


しかし、上に書いた情報が少しでも皆さんの絵画の助けになれば幸いです。ここでは左上から差し込む光が感じられるように、上部に十分な空間をとりました。画業の後期は、台頭し始めたティツィアーノの人気に押され、流行から取り残されるものの、ジョルジョーネなどヴェネツィア派の王道である色彩主義とは一線を画す独自の存在として、19世紀にジョヴァンニ・ベッリーニに次ぐ15世紀を代表するヴェネツィア派の画家であると再評価された。「観察力」「描写力」「表現力」「完成力」、この4つの力が作品を創造する上で、非常に重要な核となります。ありがとうございました。



Posted by jesika at 14:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
jesika